劇団なんじゃもんじゃ

公演予定

上演作品

なんじゃもんじゃ

パンフレット

新聞記事

舞台と客席

写真館

1993年旗揚げ

2002年10周年

2012年20周年

最新ニュース

Home

みずほ演劇祭in2013 観劇ありがとうございました

アンケート 感想特集

DSC01251

2013年2月10日 みずほ演劇祭感想(アンケートより)

・ 家族で鑑賞しました。観終わって小1の息子が「もう一度みたい!」と言った言葉を聞いて来て良かったとつくづく思いました。私ももう一度じっくり観たいです。

 

・ 人も鬼になれる。鬼も人になれる…さて…私は…時々、鬼になっている?…あぁ……。泣いたり笑ったり本当に良かった。ありがとうございました。

 

・ とても良かったです。音楽も小道具も素敵でした。お人形と人とが一体化していました。泣けました!! 「泣いた赤おに」じゃないけど、おにって何でしょうね。考えると怖い。

 

・ 「ベッカンコおに」の意味が良く分かりました。劇が流動的で観ていて感動しました。僕は絵を描くのですが今回の劇で、愛が大切だと感じました。夫婦愛。絵に愛を取り入れたいと思いました。

 

・素朴な中に心にしみいる劇でした。岐阜の山間の中で育まれた切ないドラマ。テーマもはっきりしていて脚本も素晴らしい。あの澄み切った歌声。お二人の柔らかい笑顔も印象に残っています。久しぶりに珠玉の作品を見せて頂きました。楽しい70分でした。とにかく良かったです。良かったです。

 

・ 鬼が悪なのか人だから正しいのか。私の中にいる鬼を感じつつ終わりました。正義という名を振りかざしていることが他の人の為になっているかどうか。自問しつつ毎日を過ごしていきたいと思います。

 

・ そうなるんだろうなあ、でもそうなって欲しくないなあと思いながらのお話でした。最後にユキがオニになってしまうなんて!! 安心して見ていたのにいつの間にか涙が。ありがとうございました。とても良かったです。山に来てからユキがお父のことを何も言って(恋しく)なかったので娘にとって良い父親ではなかったのでは? 何て裏読みまでしてしまったのですが、それは考え過ぎか?

 

・ 子ども達に向けるお二人の優しい目と真剣に物語の行方を見守る子ども達の目が印象的でした。大人ですがすごく童心に直って物語に浸ってしまいました。子ども達に狭い思いをさせてしまって申し訳ないですが、観に来ることができて良かったです。感動しました。ありがとうございました。素晴らしかったです!!

 

・ 二人でやっているにも関わらず、その役の雰囲気や表情がすごく良く出ていてとても印象的なストーリーでした。話の流れも良く最後まで集中して見ることが出来ました。本当に素敵な舞台でした。

・ 感動しました!! 人形劇と歌とお芝居と、いろいろ混ざってて引き込まれました。初めて見せて頂いたのですが、夫婦でやられているということで、何か心が温かくなりました。また機会があったら絶対に見たいです。頑張って下さい。

 

・ 最後は切なくて涙してしまいました。鬼って人を愛するがゆえに鬼化してしまうのかな…。演劇祭でなんじゃもんじゃさん見られるなんて贅沢! ありがとうございました。

 

・ 素晴らしい深く感動しました。魅力あるエネルギー沢山もらいました。私達夫婦も改めて頑張りたいと思いました。ありがとうございました。

 

・ 楽しかったです。二人芝居ってすごいなーと思いました。沢山のお客さんが観に来ていてそれだけ人気もあって愛されているんだなと、観ていて感じました。すごく暖かい気持ちになったしすごく楽しかったです。ありがとうございました。

 

・ 絵本や童話は残酷なものというのは当たり前かも知れませんが,開演前から沢山小さい子どもさんがいて、その子達にも優しく接して見えた姿から勝手にハッピーエンドを期待していので、娘の大切なものを父親が殺し、娘が父親をうらんで鬼になるなんて結末はちょっと受け入れられませんでした。あと、登場人物の中で一番「悪」に近い存在の山母様が無条件で正義になっているのも、時代を感じさせられました。ただ全体的にすごく良く出来たお芝居で,しっかり見入ってしまいました。次回作も楽しみにしています。

 

・ 素晴らしかったです。ナレーションの前に入る歌もとても優しく心に響きました。お二人でこれほどの素晴らしい表現が出来るとは感無量です。出来れば二回公演があると良いと思います。遠いので無理でしょうか。

 

・ おやこ劇場をやめて、もう何年か・・・久しぶりになんじゃもんじゃさんの劇を観ました。良かったです。男さんの声がかすれて・・・。女さんしまい際の台詞がもったいなかったれど、声もよく通りセミプロと一緒の舞台でもったいなく。古典を取り入れて見えましたね。

 

・ 70分ずっと興味をもって見られました。二人でいくつもの役をやっているのに違和感なく素晴らしいと思いました。次回も見たいです。

 

・ 「自分の中に鬼はいる」涙なみだでした。とてもいいお話でした。すごく良かったです。ありがとうございました。

 

・ お疲れさまでした。私たちの心の中に鬼はいつでもいて、私達を叱ったり戒めたりしているのかなーと、そんなことを思いました。舞台装置も素敵でした。仕事で障害者施設で働いているので、利用者さんや他の職員にも見てもらいたいと思うお芝居でした。

 

・ 大変良かった。最後の娘が鬼になるとは思わなかった。お父がいい鬼だった娘の恩人を殺してしまったと謝って幸福に暮らしましたとさ・・・じゃなかった。人の心の中は鬼にも人間にもなれるんだなあ。

 

・ 「ベッカンコおに」面白かったです。見えるもの見えないこと、心の中の鬼、人として・・・深く考えさせられる作品をありがとうございました。お二人が演じられることで工夫も面白かったです。会場が暑く狭く大変でした。

 

・ 大変感動でした。人間はいろいろな思いで鬼にも人にもなるのですね。やっぱり人間は好きです。素晴らしい人間と人形の劇でした。

 

・ 「人間失格」サブタイトル「それでもあなた、人間ですかあ!?」の意味、言葉が発信されていなかった。本当の人間「あなたこそ、人間の本性だ」→そんな悪人を自分の投影として観るから、彼女達は、彼を許しているのではないでしようか「コンプレックレンジャー」個性…コンプレックス コンプレックスは負ではない。自由からの逃避は格一でもない。

 

・ たった二人で何役もやられてすごいなあと思いました。演技もとても上手で、ゆきもふくろうもみんな生きてるように見えました。とても良かったです。見に来て良かったと思いました。ありがとうございました。

 

・ 今回やっとなんじゃもんじゃさんを観ることが出来ました。この台本は以前に読んだことがあり、うりんこさんの指導による西枇杷島の市民劇団がやったものを観たことがあり、とても好きな作品でしたので、本家本元の上演が観られてラッキーでした。本当に素晴らしい舞台、たいへん感動し,うまく言葉も出て来ません。沢山いろんなところで公演され続けることを願っています。

 

・ 自分の心の中を垣間見るような公演でした。人間にも鬼にも、時々変化する。己を映してくれました。ミュージカル風で感動しました。知らずしらずに劇に引き込まれていました。

 

・ フクロウ婆が話を繋いで行くのは子どもにも分かりやすくて良かったです。二人でやっておられるとは思えないほどひとり一人のキャラクターに個性があって演じ分けられるお二人にただただ驚くばかりです。1回公演というのがとても残念でもう1回是非観てみたいお話でした。

 

・ たった二人の役者さんでいろんな役を分かりやすく演じられて何人もの人が現れてすごかった。他の作品も観てみたいです。

 

・ 久しぶりになんじゃもんじゃの劇を見ました。大作ですね! 20周年に相応しい劇でした。お二人とも歌がとても上手で驚きました。人の心の中にいる、鬼。人は鬼にも暖かい心の持ち主にもなれる・・・メッセージよく伝わりました。冒頭の「鬼って何?」と問いかけにハッとさせられました。お元気でご活躍下さい!

 

・ とても感動しました。劇でこんなに泣いたのは初めてです。本当にいい劇でした。ありがとうございました!!

 

・ 20周年前に子ども劇場で我が子と一緒に観た時を思い出しました。やっぱりすごい。良かったです。今日は孫と観せてもらいました。ありがとうございました。

 

・ 素晴らしい舞台でした。「人か鬼か」感動しました。達者なお二人の演技と巧みな舞台転換でうなりました。来たかいがありました。ありがとうございました。

 

・ ベッカンコおに 良かった。子ども達にも理解できる内容で良かった。フロアーがもう少し広かった方が良かった。

 

・ とても良かったです。感動しました。いま自分の中にいる鬼を見つけました。あっかんべ鬼になれるといいなと思いました。

 

・ 感動的でした。抽象的な表現の中に想像力をかき立てる力がありました。ありがとうございました。

 

・ 感動しました。歌も混ぜながら演じるのは大変だと思いますがとても良かったです。ありがとうございました。お疲れさまでした。

 

・ 息のあったお二人の芝居。久しぶりに暖かい気分に。来年も楽しみにしています。

 

・ 大人の人を泣かせてしまうのは、やっぱりなんじゃもんじゃさんだからでしょうか。楽しませて頂きました。ありがとうございました。また来て下さい。

 

・ 案内をありがとうございました。悲しくて怖いお話でしたが楽しく観させて頂きました。気づかないうちに鬼になってしまっている人間は実はとても多い気がします。風に揺れる風鈴が不思議で素敵でした。

 

・ なんじゃもんじゃさんの芝居を初めて観ましたがとてもすばらしい感動しました。何か子どもの頃には持っていたのに大人になって忘れてしまっていた、気持ちのようなものを思い出した気がします。今の子ども達はテレビゲームなんかよりなんじゃさんの芝居を観なければと思います。

 

・ リズム感のある舞台でした。子どもも大人も同じ劇を楽しめるのはスゴイと思います。これからも期待してます。お疲れさまでした。

 

・ 私は学校でベッカンコおにのゆき役を生徒に対して演じたことがある。その時は劇の意味が良く分からなかったが今日はとても良く分かりました。27年前のことです。私も幼かったと思います。とても良かったです。専門的な感じて見応えがありました。

 

・ かなり暑かった。テーマについては皆と語りたくなります。常に投げかけれている感じがします。ゆきが「鬼」と叫ぶ時は本当にドキッとします。テーマの深さを感じます。フクロウの人形がかわいいですね。

 

・ 素晴らしかった。期待通りだった。お父があまりにも気の毒でした。ゆきが鬼の顔が見たくなるという、瞬間の気持ちの変わりが少しあまくないか。大変泣きました。ありがとうございました。

 

・ ベッカンコおに大変良かったです。子どもでも大人でも楽しめるお芝居が本当に良いお芝居だと思っているので、それを今回の劇で感じました。20周年おめでとうございます。これからも良い芝居を創り続けていって下さい。